我が家の玄関に飾っているものは、あるテーマによって統一されています。

我が家の玄関に飾ってあるもの
我が家の玄関に飾ってあるもの

我が家の玄関に飾っているものは

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性 49歳
我が家の玄関に飾っているものは、あるテーマによって統一されています。それは「鳥獣戯画」です。

兎と蛙が相撲を取っているデザインで有名な、教科書にも載っているあの絵のことです。
一説には漫画の起源とも言われています。元々漫画好きなのですが、漫画やアニメは今やクールジャパンの代表格だけにその始祖ともなると、畏怖の念に耐えません。実際は、そんな教祖様の御姿を玄関に飾るような大げさな意味合いではなく、ただ単に面白いからそうしているだけです。

最初は、額縁に鳥獣戯画の手拭いを入れて飾りました。
色々なデザインの手拭いを置いている専門店からチョイスして飾ってみたのですが、何となく格調高い掛け軸のようになり、そこから味を占めてシリーズ化してしまいました。

額飾りの次は扇子です。
扇子専門店に行くと、これまた鳥獣戯画のデザインがおいてあったので、飾り台と一緒に買って玄関先に起きました。
絵はコミカルなのに、玄関が上品に見える不思議な魅力がありました。
その後、端切れ屋さんから鳥獣戯画デザインの布を買ってきて、これを使い玄関を飾ろうとしましたがアイデアが尽き、今のところクッションカバーとして使用しています。